港湾環境エンジニアリング



更新履歴
更新履歴

技術情報

技術情報

技術情報として、液状化による構造物被害予測プログラム「FLIP ROSE」(以後、「FLIP」と称する)の作業に関することを主に、関連するAutoCAD、Javaについてまとめましたので参考にしてください。


FLIPのデータ作成~結果整理までの作業について作成した関連ツール (フリーソフト)での作業方法を紹介します。
 データ作成(以下の1と2)までについてはFLIPGENを用いた場合を例題より説明し、FLIP計算後の結果整理についてはFLIPコンソーシアムのサンプルデータ【横桟橋の解析】を用いて説明します。
 ツールは「○○○.jar」がjavaプログラムを表し、関連項目毎にまとめて圧縮していますので、ここよりダウンロードしてお使いください。

【javaプログラム】

「○○○.xlsx」はExcelのツールですが使用例がないとわかりにくいので、文中に作業フォルダごと格納して圧縮していますので、それをダウンロードしてお使いください。

また、ここでは作業の流れを説明するにとどめ、ツールの詳細な内容については、javaプログラムには説明書、Excelではシートに説明を記載していますので、そちらを参照してください。なお、ツールはFLIPGENによるものを前提に作成していますので、その様式と異なる場合などはjavaプログラムでは動作しない、Excelでは修正が必要になることもあると思います。

FLIPの作業

FLIPの作業は次のようなフローになり、工程としてはデータ作成・入力・入力値照査・計算・結果整理に分けられます。
 ここではFLIPGENを用いたデータ作成~入力値照査までと、計算後の結果整理について説明します。

フローチャートFLIP作業

1.メッシュデータ作成

FLIPGENでは直接メッシュを作成することもできますが、他のツール等で作成したメッシュデータを読み込むこともできます。
 標準断面図をCADで作成していることが多いと思いますが、この図よりメッシュ図を作成してdxf形式で保存、dxfよりメッシュデータを作成する方法について説明します。
 なお、モデルが複雑な場合にはメッシュデータを1次・2次の2段階に分けて作成します。

フローチャートメッシュ図

2.FLIPGEN支援

FLIPGENでメッシュデータの読み込み後のデータ入力としては、メッシュデータで設定した要素の物性値、拘束条件、ジョイント要素、荷重条件、出力節点・要素、解析条件がありますが、これらのデータを入力する際の支援と、その入力値の照査についての方法を説明します。

フローチャートFLIPGEN支援

3.結果整理

結果整理の方法は市販の種々のソフト等がありますが、弊社が開発したJava・Excel等による結果整理の方法を説明します。

フローチャート結果処理

Dxf関連

AutoCAD及びDxfの省力化に関しての工夫をまとめました。

Javaに親しんで!

Javaでツールを作成していますが、さらに活用していただくためにプログラムソースの公開、ソースからプログラム化までの工程をまとめましたので、Javaに親しんでください。